サイキック

世界の仕組みについて考えること


サイキックジャパンのいながきです。
今、この世界がある以上、何らかの仕組みがあると考えるのが妥当です。
システムと言っても良いでしょう。
このシステムを理解しようとして多くの人が仮説を立てて証明しようとしています。
しかし、実際は証明されなくてもわかっている事って多いです。
人々の言葉の中にそれは溢れているし、その通りに人生を生きて行きます。
望んだことでなくても、心が望んでいる場合は多いです。
心が望んだことは、頭が望まなくても現実になっています。
だったら、心の形を理解して、それに思いをインストールすれば、良いのではないかと考えるわけです。
心の中のことが現実化している。
頭(思考)の中のことは現実化したりしなかったりする。
頭(思考)→調整→心→何らかの仕組み→現実
という流れです。
心から現実までの流れはよくわからないのですが、心に思考を入れ込むことが出来れば現実化するという話になります。
だったら、その方法、知りたくありませんか?
多くの願望達成法が、理屈だけ言って実践方法を濁しているので、うまくできない人が多いです。
また、人には個人差があります。個人差を吸収できないと、どんなスキルもうまくいかないことが多いです。
例えば、大学入試の受験テクニックは、小学生では使いこなせません。
差がありすぎるんです。
この差を埋めることが出来れば、スコアが上昇することを期待できます。
サイキックジャパンが注目するのは個人差仕組みです。
この2つをなんとかすることで、思いが現実化します。

-サイキック