チャネリング

チャネリングは必要か?

いながき@ありがとうです。

現実的な方法とチャネリング的なスピリチュアルな方法があり、その両方を教えたりしていますが、
【どっちを受けた方がいいですか?】

って聞かれるわけです。

そうすると、間違いなく答えるのは現実的な方法です。
結果は同じ場合が多いので、根気よくセラピーとして行えば結果は出るでしょう。

でも、超常的な方が受け入れやすいクライアントもいますし、クライアント自身がわかっていない問題を解決するとなると、別の手が必要となります。

もちろん、本人がわかっていなければ、放置してもなんの問題もないはずです。

しかし、緊張や恐怖の根源は、本人が思い出したくない記憶の中にあったりするので言葉では教えてくれません。

経験値のあるセラピストであれば、言動の細部から可能性をみつけて対処することもできるでしょう。

ですが、対処するツールがない場合も有ります。
問題がわかって、認知できるよう域にそれを引きずり出して、セラピーを続ける流れです。

実はこれ、本人は思い出すという苦痛を伴います。

認知できないものは外せないということですね。

ですが、チャネリングがあれば本人に言わなくても、問題がわかることもありますし、本人に言わなくても感情解放やトラウマ解放する技術で解放することができます。

チャネリングはなくてもいいけれど、有った方ができることが広がります。



チャネリング入門講座はこちら

-チャネリング
-