全ては1つの理屈でできている。

全ては1つの理屈で説明できる

サイキックとか霊視とかチャネリングは何か特殊な能力のように思われています。第六感があって、それを使ってできるとか。そもそも第六感は、概念上の物であって実際にあるかどうかの意見は分かれるでしょう。

重要なのは五感です。

スピリチュアルの世界では多分に比喩が使われています。宇宙エネルギーとかね。ここでは、実際にある物で考えていきます。ある物とは、五感です。第六感の所在が明確でない以上、五感を使って考えて行きます。

  • 視覚
  • 聴覚
  • 触覚
  • 味覚
  • 嗅覚

これらには全て器官がありますし、それらが受け取った信号は脳に送られ認知されます。見える聞こえるというのなら、視覚聴覚で認知されたこと以外にはあり得ません。ないものを基準で考えることをしていても、空想の域を出ません。だから、ある物を基準に考えて、実証可能かどうかを考えてみます。

第六感はないと言うスタンスで考えます。では、第六感がない前提で進めていきます。
※松果体が第六感であるという確証は現在ありません。

考え方を変える方法が必要

五感の認知を自由自在に変えるには、無意識レベルので調整が必要です。無意識レベルの調整とは、反復等によって自然と意識が動くことです。武道の達人がやる世界ですね。しかし、私たちは身体を動かすことなく、思考だけでそれをやります。つまりそれは、考えるだけでできるようになると言っています。だから、心の状態が使える使えないの鍵になります。

よく、【ブロックがあってできませんね】なんて言われる部分です。これに対応する方法は2つです。身体的なセラピーと成功体験。もちろん、必要な人とそうでない人がいます。

認知を変えることが一つの道

道は複数あってもいいでしょう。私の方法は、霊視もチャネリングもできなかった人間が編み出した方法ですから、もともとできる人には参考にはなりません。もっとも、見える聞こえるでも制御できない人は、私のところで学んでコントロールしています。だから、結構、コントロール方法としては天然さんにも通用する物です。

これは理解して欲しい

まず、ここで解説しようとしていることは、五感で霊視やチャネリングができるということです。つまり、特殊な能力ではなく、五感の使い方そのものが、本来の能力を使っていなかったと考えます。

多くのスピリチュアルは、全てと言っても良いですが、主観的体験を語っています。そして、現代人はそれを現実のように歪曲して解釈しています。だから、答えにはたどり着きません。スピリチュアルは単なる主観的認知だと、まず定義します。

生体反応を利用している

つまり、五感の反応を利用する。生体反応を利用することです。では、どうやって生体反応を利用するのでしょうか? 例えば、この世の中には天才と呼ばれる人がいます。数字を図形で見ていて、一瞬で多数桁の計算をやってのける人。音楽を映像としてみている人。人の嘘を嗅覚で分かる人。これは諺にもなっていますね。つまり、普通じゃない人です。天才といってもいいです。霊能力者だって同じです。通常、眼から入った信号は脳の視覚処理部分にいきます。耳から入った情報は聴覚処理部分にいきます。

この神経伝達経路をミスリードできれば、身体で感じた情報を視覚や聴覚へ展開できます。

これが、霊視やチャネリングの基本原理です。

ブロックの正体

できないという思いがあれば、人は身体に緊張が走ります。これは目的の情報を取り込むときの障害になります。また、神経伝達上の障害にもなります。つまり、ブロックの正体は、五感の情報取得、伝達が歪曲された状態です。

伝達の歪曲には、自己価値の低さ、絶対できないという思い込み、怖いものが見えてしまうと言う恐れ、過去のトラウマなども入ります。だから、感情解放を平行して行うと良いです。

LINEで送る
Pocket