本人の特性と能力

Brain

いながき@ありがとうです。

よく見る系が苦手な人がいます。
こういう人はどういう人かというと、普段から脳の視覚エリアを使っていない人です。

単純ですね。

人は普段から脳を使っています。

もっと言えば、生まれる前あたりから使っています。

そして、どう使っていくかの特性があります。
これは得意不得意であったり、生活環境、作業内容によります。

頭がいい悪いも、使い方の問題によるところが大きいので、勉強の仕方は重要です。

一般的に、視覚でものをとらえられる人は、情報の受け取りが早いです。
次いで聴覚、言語による受け取りが早いです。
身体感覚は、そのあとですね。

人の能力はベースの能力とそれを育てた環境経験によります。

ネガティブ思考の人は、育てる環境があまりよくないので能力が開きません。
この辺は幼児教育とも関連する部分です。

ただ、大人になってからでも、どう使ったかは結構すぐに出てくるので、脳トレは大事です。

霊視ができにくい人は、イメージで考えるのが苦手です。
チャネリングのメッセージを言葉で受け取りにくい人は、言葉に変換するのが苦手です。
身体の感覚はわかるのにぃ~ という方は、身体感覚を他の感覚に転用するのが苦手です。

人それぞれ、今までどう脳を使ってきたかで、できることは変わります。
そして、今後、どんなトレーニングをするかで能力は変わります。

そういうことを理解した上で、チャネリングを教えたりしています。

本人の特性に合わせてやらないと、なかなかうまくなりませんからね。

LINEで送る
Pocket