スポンサーリンク

スピリチュアルな人は、勘違いしている

ブログ

サイト管理人です。

スピリチュアルの世界では、何でも学びだとか、タイミングを知らせてくれているなど、肯定的に取ろうとする傾向がありますが、本当にそれは肯定的な出来事でしょうか?

大抵の場合、全てはグットタイミングと捉えれば、否定的な要素、否定的な出来事が起これば、それは受けるべきではない、今のタイミングではないと解釈できます。

だから、その延長で、『会場へ行こうとしたら迷ってしまったから私には必要ない』とか考えがちです。

会場へたどり着けないのは地図を読む能力がないのであって、必要不必要とは全く関係ありません。

全てはグットタイミングで起こっています。チャンスは開催されているわけです。

会場へたどり着けないのは、自分の心がネガティブだからです。

ネガティブな人は良くなろうなんて思っちゃいけません。

心が良い人は、そんなこと思わなくても、良くなってます。

×心がネガティブ→よくなろう。
○心が良い人→よくなってます。

心をよくすればいいです。

心と現実は連動しています。

人は心の思うままにしか世界を観られません。バイアスが掛かります。

だから、自分と同じ状態に現実を選びます。

問題は、頭がそれを受け入れないか、イメージしている良い状態がそもそも心に反しているか。

つまり、頭の思考と、心の不一致に落ち着きます。

不一致があるから思い通りになりません。

そういう人は、心の声を聞くことをするといいでしょう。頭の思考は無理や間違いが多いです。

心に従うとストレスが抜けていきます。

12月に身体を通して心の声を聞く講座があります。