オーラが見える5ステップとは?

オーラの見方

オーラを見ることを考えたとき、多くの人が失敗している理由があります。

多くの人が失敗している理由

    1. オーラに対する過剰な期待。

これは見え方も含めて過剰すぎると、実際はそうではないので、わからなくなります。

    1. 対象の間違い。

オーラを見るべき相手を間違えています。

    1. やり方の間違い。

オーラを見るにはステップがあり、手順を間違えると、やっぱりできなくなります。

こんなところでしょうか。

オーラを見るためには5ステップ

    1. オーラの概念を調整する。

見え方も含めて、どういう状態が見えているかを定義していきます。

    1. オーラを見るべき対象は、自分ではありません。

よく自分のオーラを見ようとする人がいます。しかし、大抵、自分というのはストレスにさらされていてオーラが弱いです。だから見てもよくわかりません。見るべきは、強いオーラを放っている人です。

    1. オーラの見え方を知る。

実際にどう見えるかをレクチャーしてもらうと楽ですが、ここが一番の難関みたいです。セミナーでは簡単ですが、ネットで教えるとなると難しいです。

    1. 触ってみる。

知らない人も多いですが、オーラは触れますので、触ってみることをお薦めします。そうすることで、視覚だけでなく、触覚でも認識できるようになるので、見えているものが正しいのか検証しやすくなります。

    1. いろんな人のオーラを見る。

習得したら、実践あるのみですから、いろんな人のオーラを見て慣れていくことが大事です。

やってみると意外と簡単なはずです。

大事なところは、概念の調整と強いオーラの人を見ることです。

ストレスの多い人、不摂生をしている人はオーラが弱いので、スターを見たりするといいですね。