Menu
Close 

   

チャネリング やり方 方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
サイキックジャパンの開設者です。以前はスピリチュアル的なことを教えたりもしていましたが、現在はその分野から撤退して、原理を時々教えます。主に、セラピーの開発と普及を行っています。


サイキックジャパンのいながきです。
今日はチャネリングの方法について書いていますね。
まず、チャネリングとは、別の存在と繋がってその情報を受け取ることです。
テレビのチャンネルを合わせるようなものですね。
実際、誰でもできます。
チャネリングには2つの形態があります。
一つは、素のままでチャネリングできる人、もう一つは、トランス状態でのチャネリングです。
トランス状態とは、催眠状態のことですね。
催眠状態では、人はリラックスと集中を同時に実現できています。
チャネリングには、2つの方法があります。
一つは透視的チャネリング。もう一つは透聴的チャネリングです。
要は、霊視みたいなものもチャネリングですし、よくメッセージを中継してくれる言葉的なものもチャネリグです。
体感的なチャネリングもありますが、これはチャネラーさんが自分の言葉でメッセージ化するので聴いている人はわからないかも知れません。
ココで気がつくと思います。
視覚、聴覚、身体感覚(触覚、味覚、嗅覚)でメッセージは届きます。
つまり、人はそれ以外では情報を受け取れません。
まぁ、五感なんですね。
情報ソースは何を定義してもいいです。高次の存在と言われているモノでも、地球外生命体でも、自分の身体でも、がん細胞でも。
この設定によって繋がるモノが決まります。
未知の情報にアクセスする場合は、他人の経験を利用する方法ですが、ハイヤーセルフとかを定義しておけば自動的にそうなります。
さて、チャネラーさんで普遍的で抽象的なことを言うか違いますが、多分できていません。
特に職業的なチャネラーさんに多いです。
だから、方法を憶えて自分でやってしまった方がいいです。
人間には、相手の状態を補完する能力があります。
相手になりきると自然と相手の考えが分かるようになります。
この辺は、ゲシュタルトセラピーのエンプティチェアを参考にして下さい。
チャネリングの場合は、相手になりきらずに相手と繋いで話をしている感じです。
情報ソースは定義したモノであって、何を通して受け取るかは、五感です。
つまり、五感の感覚の弱い人はやりづらいです。
中には五感の感覚が弱くてもできる人がいますが、例外中の例外です。
ストレスの多い人は緊張しているので五感が取りづらいです。視野も狭いし。人の話聞かないし。
トラウマの激しい人も、自分を客観視しているので五感が取りづらいです。
だから、私はEFT(感情解放テクニック)を教えていて、それでトラウマ、ストレスを解除します。
五感の情報ソースが整っても、そもそも考え方が間違っている場合、うまく行きません。
新しい考え方を入れましょう。
そして、どうやって対話するといいかを学べば誰でもチャネリングはできます。
2010/01/09(土)エモーションフリー公認EFTフェーズ1セミナー開催
2011/12/29追記
チャネリング等の原理説明をしたHPを書きました。
こちらも読んで下さいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
サイキック、霊視、チャネリング、オーラ視は全て1つの理屈で説明できる

この記事を書いている人 - WRITER -
サイキックジャパンの開設者です。以前はスピリチュアル的なことを教えたりもしていましたが、現在はその分野から撤退して、原理を時々教えます。主に、セラピーの開発と普及を行っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. sora より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    私は、素でやるタイプですねー^^
    でも、五感に落とすまで 時間がかかるチャネリング情報もあります。
    それも感覚という五感なのかもしれませんが、
    とくに自分専用の答えを探すときに
    あっちは 映像でも 言葉でもなく、
    体にくるものでもなく 無意識に近いところへ
    情報をもたらすことがあり、そこでかなりしてから視覚化まで翻訳できるように 少し誘導があります。 
    最近は、あっちは、表情という人格化した視覚で
    ニュアンスをお茶目に伝えてきますので
    なんとか ゆっくり解読できることがあります。
    肉体以外にボディがあると思っているので
    ちょっと違った感覚を信じてしまっています。
    あはは^^

Copyright© Psychic-Japan , 2017 All Rights Reserved.