スポンサーリンク

見えることを何に使うの?

未分類


サイキックジャパンの管理人です。
見えたり聞こえたりすることをどう使うか?
大抵の人は、相談に答えたりって話になると思います。
でも、見えたり聞こえたりする人の大半は、そんな仕事はしていません。
日常で使っています
五感の延長で、それが起ることは話していますが、五感を日常で使ってい
るんだから、それと同義です。
ただ、他の人よりちょっと感じ方が違うから、情報の厚みが違います。
情報が多ければ、判断に影響が出ます。
多すぎたり、不明確すぎると、混乱になりますし、ピンポイントで、確信がある場合は、それを信じます。
例えば、視覚でリアルに見えているなら、みなさんはその視覚を信頼しているはずです。
見える範囲が、遠距離であったり、時間軸を移動したところだったりするだけです。
どう活用するかは、その人次第ですが日常の判断材料の一つに過ぎません。
まぁ、相手の浮気とか分かっちゃいますけどね(笑)