午後のカフェにて


サイキックジャパンの管理人です。
普通、セラピーはやっていません
面倒なのと瞬殺が基本なのでお金にならないです。1分に何万円も払わないでしょう?
ということで、やる場合は気が向いたときだけ。
サイキックの受講生は思考パターンが若干違いますので、それを使ってセッションをするでしょう。
私の場合は、居合わせたときに思います
良くなる!って。
それで終わりです。
難しくもないし、祈りのようなものです。
無駄なものを排除して、OKを出してあげるんです。
相手の無意識レベルでね。
今の世界の人は余り物を考えていないので、ちょっとの介入で考えを変えてくれます。
環境に従ったただの条件反射だから、環境を変えてあげればいいだけですからね。
嫌だったものが嫌じゃなくなる。
避けていたものが避ける必要を感じなくなる。
それだけでも選択肢は増えていきますね。
身体の痛みや不調にしても、手順に従って介入すると多くの場合変化します。
そもそも身体のその状態は、その人の心の表れの部分が大きいです。
完全な外傷や別の理由(ウィルス等)がない場合、お医者さんでもメンタル面、ストレスを指摘されると思います。
ならメンタルに働きかけて現状を変えていけばいいですね。
治すわけではないです。お医者さんじゃないですからね。
気持ちを変えるんです。
世の中捕らえ方次第ってよく言いますしね。
そこに介入できると、ネガティブな人がネガティブじゃなくなるということです。
隣の席の人が、愚痴を言っていました。
介入すると収まるんですよね。・
明日のエモーションフリー公認EFTフェーズ1も、介入するという意味ではおすすめです。