速読と霊視の関係


サイキックジャパンの管理人です。
速読って知っていますか?
超速いスピードで本を読むんです。
1冊1分くらいは簡単です。
しかし、理解しているかどうかは別問題
詳しいプロセスは専門の講座に出てもらうとして、速読の講座でやっているのはこういうことです。
通常読み
目で追いながら頭の中で発音し、その都度理解していく。
入力→理解→格納
ということです。
速読読みの場合は順番を逆転します。
入力→格納→理解
これ自体はたいしたことではないです。
格納したものをあれこれ考える様に仕向けば、記憶に粘るのでつなぎ合わせます。足りなければ何度か本を見ればいいです。
穴が開いている部分を補完すればいいです。
この補完が1つめのポイントです。
部分から全体に広がるときのストレスが吸収率を上げます。
だから、たいていの速読は最初に目標設定と何を読み取りたいかを決めます。ほんと、ただのNLPですね。
さて、2つめのポイントは、入力→格納→理解という順番の逆転です。
人は習慣としていることを繰り返します。
これが、脳の得意な仕事です。
訓練で頭の使い方切り替えることができた人が速読ができる人です。
頭の中で発音しない、目に入ったら理解せずに先に進む、です。
習慣に縛られてしまうと同じ結果にしかなりません。
違う結果がほしければ、今までと違う方法を受け入れて実行するだけです。
霊視簡単です。
霊感ではなく、やり方変えるだけです。
次回、サイキックBASICコース募集中です。
2月17日24日 サイキックBASICコース 2日間
全く経験がないという方は、オーラの見方講座からどうぞ。
2010/02/17(水) 夜間 オーラの見方講座