概念がおかしいと、できないことが多い。

目安時間:約 2分


サイト管理人です。
スピリチュアルなことは、ほとんどが主観なので、本人がどう感じるかです。
しかし、誰かが教えてくれるわけじゃないので、人の体験を読んだり聞いたりして、自分でイメージしてしまうんですね。
まったく未経験なことを想像して、勝手に妄想すると、あり得ないレベルを想定する人も多くて、そういう人はうまくいきません。
例えばオーラが見えるなんて、劇的なことはあまりありません。
劇的に見える人も居ますが、それはその人の特性であって、万人がそうだとは限りません。
その辺を勘違いすると、こう見えるはずだが起こらないので、見えていないと思ってしまいます。
実際、私が見えている見え方だって劇的なものではないと思っていますが、的中させていくので言われた人は、実際に目で見えているように感じてしまうのかも。
微細なものを感じるとき、最初は錯覚程度の見え方です。その見え方を受け入れていくと、違いがわかっていくので、見えている状態が、これでいいんだだって思うんですよね。
劇的な事が起こる人は、暗示に乗りやすい人や、強くそう思って生きてきている人なので、否定が入る人、自信のない人は、ぼんやりが多いです。
それでも続けることで、はっきりと見えていくんですよね。
この辺は実は幼少期にあることをしているかどうかで決まってきます。
詳しくは、新・オーラの見方講座で。
 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事
アーカイブ